「党利党略が過ぎないか」と地元紙も批判

TOP 

「党利党略が過ぎないか」―、きょう(18日)付の地元紙・日本海新聞の社説です。
安倍政権は、6月中旬までの通常国会で森友・加計問題で追い詰められると、「共謀罪」…について委員会採決を省略する「中間報告」と呼ばれる禁じ手を用いて本会議採決を強行しました。
「その後、新事実や疑惑が出ても臨時国会召集要求には外交や法案準備を理由に応じなかった。今月の臨時国会の早い段階で解散した場合、森友・加計問題は真相解明からほど遠い状態で国民の審判を受けることになる。」と社説で批判します。
やっぱ、国民誰しもそう思うよね。臨時国会で森友・加計問題での集中審議をした上で、昭恵夫人、佐川さん、加計さんなど証人喚問して、国民の審判を仰ぐべきですよねV()V

Share Button

コメントご記入欄