戦争法廃止へスタンディング

TOP 

安保法制=戦争法の強行から2年、「戦争法&共謀罪の廃止を!」「憲法9条壊すな!」と、きょう(19日)の夕方「9・19スタンディング」が全国に連帯し、米子市文化ホール前でおこなわれました。
日本共産党の衆院小選挙区予定候補の福住英行さんは、臨時国会冒頭での解散は「森友・加計疑惑隠しを狙ったもの」と批判。安倍自民党の党利党略解散・総選挙に、野党と市民の共闘で打ち勝とうと呼びかけました。
鳥取県憲法会議の浜田章作代表世話人も自身の戦争体験を語りながら、「9条を守り抜こう」と訴え。参加者たちはプラカードや横断幕を掲げ、「市民に安倍政権の退場」をアピールしました。

Share Button

コメントご記入欄