産廃処分場計画の強行許さん! 漁民の声

TOP 

きょう(29日)は米子市議会9月定例会の最終日。午前中にすべての議事日程を終え閉会しました。
午後、全員協議会が開かれ、産廃処分場建設計画の状況報告が行われる予定でしたが、反対する住民や漁業者が議場周辺に詰めかけ、騒然とした雰囲気に。
説明の市長はじめ市当局や、事業主体の鳥取県環境管理事業センター担当者が議場に入ることができず、全協は流会となりました。
「漁民の生活を奪うのか!」との激しい言葉も聞こえてきました。漁民などをこのような激しい抗議行動に駆り立てたのは、背景として説明会を1回開いただけで、市長との面談要請に応じないなど、“聞く耳を持たない”で計画を押し通そうとする市長とセンターの姿勢があると感じました。

Share Button

コメントご記入欄