局所的集中豪雨

TOP 

hana.jpg 27日、九月定例議会の質問準備、そして読者集金で目いっぱいの一日を過ごした。質問準備のなかで、頭の中でスッキリしていなかった質問項目が、かなり整理されてきた。

 私の質問準備は新聞の切り抜きのスクラップ台帳への貼り付け作業から始まる。「こんな観点もあったのか」「このフレーズは質問で使えそう」などと独り言を言いながら、貼り付け作業をしていると、なんとなく質問の組み立てが出来上がる気がする。

 読者集金の方も、市役所関係を中心に本庁舎以外の“出先”機関での集金が今日で完了させることができた。残っているのは本庁関係、元職場関係、そして居住地関係。なんとか31日(日)までの今月中にこなせるメドもつき、やれやれ!

 そうこうしているうちにも、生活相談が立て続けに舞い込み、1件は生活保護に関することで「生活と健康を守る会」の方と連絡を取って対応してもらうことに。もう1件は雨水が道路から敷地内に入り込み冠水するといった問題。これは後日、市の建設部で事実確認しながら善処方を要請することにした。

Share Button

6 通のコメント “局所的集中豪雨”

  1. Comment by 林檎:

    長崎から帰りました。諫早湾を見つつ行き帰りし、干拓事業のこと、日本の「公共事業」が、自然や人の暮らしを壊していること、米子の中海のこと、崎津場外馬券場誘致の住民無視のやり方・・・などなど考えました。当たり前のことをちゃんとやる政治に変えなくては。

  2. Comment by 林檎:

    あ、「長崎は今日も雨~だった」ですよ。

    祈念像の上八月の雨滂沱

    蝉の声ばかり爆心地広場立つ

    原子野を見下ろすマリア秋の雨

    アフガンの野に生きて果つ秋驟雨

  3. Comment by 岡村英治:

    林檎さん、おかえりなさい。長崎での自治労連の大会の様子は「赤旗」で見ていましたが、また詳しいお土産話を楽しみにしています。

  4. Comment by 恵雨:

    岡村様、市民からの生活相談への対応や定例市議会に向けての準備など、多忙な日々を送っておられるご様子、ほんとうにご苦労様です。

    生活相談で、生活保護のことや敷地への雨水流入など、一人一人の困り事にも丁寧に対応しておられることには頭が下がる思いです。

    世間は往々にして、「大の虫を活かす為に小の虫を殺す」といったことをしますが、殺された虫はいったいどうすれば良いのでしょうか?
    困っている人達の実情を理解し、その改善に向けて実際に努力をされている方でなければ、それらの人々の声を政治に伝えられないと思います。
    定例市議会では、是非がんばってほしいと思います。

  5. Comment by 岡村英治:

    恵雨さん、激励いただき感謝です。また、過分な評価には恐縮至極、です。で、9月定例議会、まだまだ質問内容の詰めができず、いくぶん焦り気味といった気分です。でも、市民のみなさんの市政に対するさまざまな願いを少しでも議会に反映させたい、その思いで頑張ります!

  6. Comment by 岡村英治:

    追伸です。タイトルに「局所的集中豪雨」と書きましたが、本文中にそれらしき記述が抜けていました。夕方に夜見地区を集金していたら、ドバァーという雨。しかし、他地区ではたいした降りではなかった、ということがあったもので、その印象が強すぎてタイトルにしたものの本文では書き漏らした、というしだいです。

コメントご記入欄