朝日の不破インタビュー読みました

TOP 

日本共産党前議長の不破哲三・社会科学研究所所長の「ロシア革命100年」をテーマにしたインタビュー記事、掲載された昨日の朝日新聞、きょう(18日)午前、党事務所まで届けていただきありがとうございました(私は購読してないもので、FBで記事を知って知人に見せていただくことを依頼!)。夕方帰宅して読ませていただきました。
不破さん、ロシア革命の評価、スターリンによる社会主義からの逸脱、マルクスの理論についても話が及びます。
また、日本政治の変遷についても問われ、かつての自民党は国会で問題を指摘されるとしっかりと認めて、実行するだけの幅があった。今はそれがない、自民党は劣化したと、その要因を含めて厳しい指摘です。
そして党名問題。「戦前から95年、この名前で活動してきたが、将来的には、21世紀から22世紀をも展望しながら、日本に理想社会をつくるために活動する政党です。党名には、その目標が体現されています。誤解を取り除く本格的努力をしないで、名前だけ変えて当面を糊塗するといったやり方は、日本共産党の辞書にはありません」。
やったね\(^-^)/

Share Button

コメントご記入欄