住民目線でチェック、保育料値上げ案が白紙に

TOP 

住民の目線に立ったチェック機能が、一定働いた米子市議会の委員会論議だったのではないでしょうか。
18日(木)の市民福祉委員会に、市当局から新年度からの保育料改定案が示されました。年収470万円以下の世帯で月額2000円の減額となる一方、年代区分を見直しすることで結果的に470万円超の世帯は3000円〜6200円の引き上げとなる―という案でした。
これに対しわたしを含め村井、戸田の各委員から、県内他市より高い保育料を引き下げてほしいというのが市民の声だ、半数近くの世帯が高くなるというのでは認められない、市の持ち出しが逆に減るというのは市民の理解が得られない―など見直しを求める意見が噴出しました。
その結果、福祉保健部長も「案は白紙に戻し、再検討する」と言わざるを得なくなりました。
市民の声をしっかり届け、キッチリとチェックする議会の役割が大事ですね。

Share Button

コメントご記入欄