「市営墓地の返還」問題で出かけました

TOP 

今週の木曜日・8日の一般質問で取り上げる「市営墓地の返還」問題。実際の現場はどうなっているのか、きょう(4日)午後、米子市の南公園墓地に出かけて写真に収めてきました。

日本共産党が取り組んだ市民アンケートで、「跡を継ぐ者がいないので、墓地を返還しようと思ったけど、申し込んだ時に支払った使用料(永代使用料)がいっさい戻ってこない。おかしい!」という声があり、一緒に市の担当課とも話し合いましたが、条例で「収めた使用料は返還しない」ことがうたわれてました。

使用料は墓地の面積に応じて40万円台から50万円台です。

千葉県市川市などは、跡継ぎなどがいなくて墓地管理が困難になった方を対象に、墓地の有効利用と無縁化による荒廃対策として、墓地返還促進事業をしています。

墓地の使用状況に応じて、使用料の2分の1または3分の1を返還する、というものです。また、原状回復(更地)するための費用も助成しています。

米子市の南公園墓地には2384区画の墓地があり、立地条件にもよるんでしょうが、点々と荒廃化した墓地が見受けられました。荒廃化すると隣接する墓地にも迷惑となります。

墓はかつては代々に受け継いでいくものでしたが、今は核家族化によって、子どもたちは都会に出てしまい管理する者がない、という状況が広がっています。使われなくなった墓地の返還を促し、有効利用につなげていく。また、管理上荒廃化を防止するためにも、市川市のような返還促進策が必要だと感じます。

Share Button

コメントご記入欄