杉本良巳さんの「大山百科」が発刊

TOP 

1日の作業を終え、夕方立ち寄った書店で平積みされてました。

「大山の歴史・文化探訪 大山百科」(杉本良巳著、600円)。今年が大山開山1300年に当たることから、同「大山百科」刊行委員会が発行しました。

著者の杉本さんは長年教職に従事し、1993(平成5)年からは米子市立山陰歴史館長を務めるなどした郷土史家。早くから「大山開山1300年」を説き、大山の歴史的・文化的価値を問い直し、文化遺産として後世に伝えていこうと提唱しました。

本書は地元紙・日本海新聞に連載したものをまとめたもの。昨年3月に亡くなった「杉本先生の1周忌に当たり、霊前に捧げることができた」と、新日本海新聞社西部本社主幹の寺谷寛氏が発刊に寄せて記述しています。

Share Button

コメントご記入欄