訪問・対話で「お母さんとそっくり」と

TOP 

きのう(8日)午後は、啓成地域を12日の小池晃演説会のご案内で訪問活動。

ある工房をお訪ねしたら、年配のご婦人から「あんた、田村さんの息子さん?」と。息子と呼ばれる年でもないですが、「いや岡村ですが…」と返答すると、返ってきた言葉に偶然を感じました。

「お母さんの顔にそっくり。小学校、女学校の時に同級だったのよ」と。亡くなった母の旧姓は田村で、母と同級の私の恩師も含めて仲良しだった、と。

一気に話は盛り上がり、同じ部屋にいた数人の方にもリーフレットや演説会の案内を渡すことができました(^o^)

Share Button

コメントご記入欄