島根原発稼働させるな‼

TOP 

きょう(28日)は、日本共産党として米子市と中国電力に対して島根原発関係でそれぞれ申し入れをしました。

米子市に対しては党米子市委員会(委員長・錦織陽子県議)が「島根原発3号機の新規制基準適合審査申請の事前報告への対応」について、①米子市が「原発ゼロ」を決断し、中殿に「原発ゼロ」を決断するよう求めること、②中電に立地自治体と同等の安全協定を締結するよう求めること、③中電の「事前報告」を返上し、島根県に「事前了解」をしないよう求めることーの3項目を申し入れました。

この申し入れには、錦織県議のほか岡村英治、石橋佳枝、又野史朗の3人の市議選予定候補が参加しました。

また中電へは「島根原発2号機の再稼働、3号機新規稼働の断念」を求めて、安田共子、長尾達也両境港市議が加わり、党鳥取県委員会として申し入れました。

写真は、辻佳枝・米子市総務部長に申し入れ書を読み上げる錦織県議

Share Button

コメントご記入欄