米子市内で未明に土砂崩れ

TOP 

米子市防災安全課から、きょう(10日)未明に米子市青木で土砂崩れがあった、との通報があり出かけてきました。

現場は高さ10mほどの裏山が幅30mにわたって崩れ、家屋の一部に土砂が流れ込んでいました。

家人がおられ、お見舞いを申し上げましたが、「寝静まっているところに大きな音がしてビックリ」と。幸いにケガなどはなかったということです。

市では周辺の5世帯に避難指示をだし、近くの尚徳公民館に自主的避難者を含め10世帯34人が一時避難した、とのことです。

米子市内では梅雨が明けた昨日9日からまとまった降雨はありませんが、今月5日から8日までの4日間で計242㎜の降水量が観測されたということです。

雨がやんでも、大量の水分を含んだ土砂は崩れやすいんですね。用心しましょう。

Share Button

コメントご記入欄