公明だけがネット中継陳情に反対

TOP 

「陳情・米子市議会委員会のネット中継について」、きょう(26日)午前に開かれた議会運営委員会で趣旨採択となりました。

市民に開かれた議会にしていこうと、米子市議会では一般質問などが行われる本会議は、ケーブルテレビとともにネットでも中継され、録画でも見ることができます。

陳情は、本格的な論議が交わされる委員会の模様もネットで中継し、会議録もネットでの公開を求めたものです。

私は、議長選に立候補した時の公約でもあり、論議の経過をリアルに見てもらえるーと、採択を主張。会派「よなご・未来」の国頭、西川両委員も採択、保守系会派「政英会」の岡田、尾沢両委員と「信風」の伊藤委員は趣旨採択、公明党の前原委員は不採択をそれぞれ主張しました。

このままではいずれも過半数に達せず、陳情が流れてしまう恐れもありました。

趣旨採択を主張する委員から、ネット中継実施の方向性を定めて、やり方や経費などについて今後検討していく、という発言があったため、採択を主張した私を含めた3人は趣旨採択でも構わない―と態度を変更。

公明党を除く6人が賛成して、ネット中継実現への道が開かれました。今後、議会最終日の本会議で採択されたのち、議運において実現に向けた検討作業が行われることになります。

Share Button

コメントご記入欄