「議員年金の復活」意見書は提出せず

TOP 

「厚生年金への地方議会議員の加入を求める」意見書案、きょう(11日)午前開かれた米子市議会議会運営委員会で提出しないことになりました。

年金財源のひっ迫で2011年に廃止された地方議員年金。現状は、辞めた後は劣悪な国民年金だけということで、「若い議員になり手が減っている」ことなどを理由に、自民党などを中心に復活の動きが全国的に広がっています。

私は、議員を辞めた後での生活保障は考えなくてはならないが、雇用主として地方自治体が公費から半分拠出する厚生年金加入については、国民的、市民的な合意が得られてない―と、意見書提出を見合わせるよう主張。

議運の中でも意見が割れましたが、意見書提出は全会一致が基本ということで、市議会として提出しないことにしました。

Share Button

コメントご記入欄