二人の論客が総裁選改憲論議にメス

TOP 

きょう(17日)付の地元紙・日本海新聞に「憲法を考える 自民党改憲案」が掲載され、伊藤塾塾長・弁護士の伊藤真氏、首都大学東京教授の木村草太氏という二人の論客が、安倍首相、石破元幹事長が総裁選で繰り広げている憲法論議にメスを入れています。

伊藤氏は公平で公正な国民投票の必要性を解き、木村氏は改憲日程には無理があると指摘しています。

そして「人間の組織である以上、権力が集中すると暴走する恐れがある。暴走に歯止めをかけるブレーキとしての憲法」(伊藤氏)、「権力者はさまざまな失敗をし、邪悪な意図があったり、相手への思いやりがなかったりして、残酷なことをしてきた。それを繰り返さないための憲法」(木村氏)の大切さを訴えています。

同紙編集局長の長曽本明氏のインタビュー記事。

Share Button

コメントご記入欄