「安倍内閣の軍事行動」支持する米子市長発言は撤回を‼

TOP 

昨日(20日)米子市内で開かれた、政府や鳥取県などが主催する拉致問題解決のシンポジウムの閉会あいさつで、伊木隆司米子市長が拉致問題解決のため「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的支持」とした発言を受け、きょう(21日)午前日本共産党県議団の錦織陽子県議、米子市議団の石橋佳枝、岡村英治、又野史朗の連名で、抗議と撤回の申し入れをしました。

朝鮮半島の非核化、平和の流れに目を閉ざした発言は、拉致問題の解決に逆行し武力による脅威、威嚇、行使を禁止した国連憲章違反で、憲法9条を踏みにじり安倍内閣が進める「海外で戦争する」国づくりを容認するもので、絶対に認められません。

市民の生命・財産を守る市長として、あまりにも不適格な発言だといわなければなりません。

対応した市総務部長に手渡した申し入れ文は以下のとおりです。

2018年11月21日

米子市長 伊木 隆司 様

日本共産党鳥取県議会議員 錦織 陽子

同米子市議会議員 石橋 佳枝

岡村 英治

又野 史朗

 

抗 議 文

 

新聞報道によると、きのう(20日)市内で開かれた拉致問題解決のためのシンポジウムの閉会挨拶で、伊木隆司市長が「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的に支持をして、この拉致被害の回復、主権の侵害の回復に、私たちは国民として全力で当たりたい」と述べたということです。

そして新聞記者の取材に対して「軍事行動せよと言っているのではない。時の政府が、軍事行動や、軍事行動ができるよう憲法改正をするというなら、問題解決のために私は支持したいと言った」と発言の趣旨を説明しています。

この間、南北朝鮮、米朝の首脳会談を通じて朝鮮半島の非核化、平和の流れが生まれ、それは全世界からの支持を得ていますが、そうした平和の流れに目を閉ざした発言です。

そして、軍事的対応では拉致問題の解決にならないことは明らかです。こうした発言は武力による脅威、威嚇、行使を禁止した国連憲章違反で、また多くの国民の願いに背き憲法9条を踏みにじり安倍内閣が進める「海外で戦争する」国づくりを容認するもので、認めるわけにはいきません。

伊木市長の発言に断固抗議し、撤回するよう求めるものです

Share Button

コメントご記入欄