裁判員制度を考える

TOP 

裁判員制度について考えあった分科会 26日、米子市公会堂で西部地区母親大会が開かれ、ごみ問題と裁判員制度の二つの分科会で議論を交わした。

 このうち私は、裁判員制度の分科会に参加。最初に最高裁がつくった啓発ビデオを視聴した後、参加者による意見交換がおこなわれ、「どのような選ばれ方になっているのか」「選ばれない人はあるのか」など、制度に対する疑問点が出された。

 私は、国民合意の出来ていない、また休暇制度が中小企業の場合整ってないなど環境整備が進んでいない現状では、来年5月からの制度のスタートは見送るべきではないか、と発言した。

 また、助言者の安田寿朗弁護士が裁判員制度の導入にいたる経過を説明し、「今の刑事裁判では国民は救われない」ことを強調し、制度の不備については手直しをしていくべきだとしながらも、来年5月からのスタートについては実施に移すべきとの見解を述べた。

 最後に、冤罪を防ぐためには何をなすべきかを議論し、取り調べの可視化が重要との指摘がだされ、私は報道の自由との兼ね合いを考慮しながらも、現在の容疑者イコール犯人と決め付けるようなマスコミのあり方については社会的な規制が必要だ、と発言した。

 分科会を通じて、まだまだ制度に対する理解が進んでいないなぁと感じさせられた。

Share Button

コメントご記入欄