「社会的共通資本」としての水道事業

TOP 

米子市議会12月定例会の質問戦2日目、きょう(7日)も6人の議員が一般質問に臨んでいます。

3日目の11日(火)に3人目として私は質問に立ちますが、一つの項目として「水道事業の民営化」問題を取り上げます。

改悪水道法が国会で強行成立しましたが、私は地元・米子市出身の国際的な経済学者、宇沢弘文氏が提唱した「社会的共通資本」として、水道事業は位置付けるべきだ、そしてそれは市場原理主義的に私的利潤の追求の対象とすべきでない―との立場で質問を組み立てています。

Share Button

コメントご記入欄