山川・米子市議が県議選に出馬へ

TOP 

きょう(21日)付の地元紙に載っていました。現在3期目の米子市議会議員・山川智帆氏が来年4月の鳥取県議選に米子市選挙区から出馬する、と。

山川氏は昨年4月の市長選に、市議2期目の任期を1年3カ月残して立候補。当選した現市長に肉迫する健闘ぶりを見せました。

しかし、議員定数が26に減らされた市議会で、1年3カ月間欠員を生じさせたままとなり、同じことを今度は2021年4月の市長選で同時に行われる市議補欠選まで繰り返すことに、結果的になるわけです。

米子市議会は25名の議員でもいいと思っているのでしょうか?

また、現在の市議会は今年6月に選ばれたばかりです。その選挙で山川氏は5400票を超える得票でトップ当選を果たしています。そうした有権者に、1年もたたないうちに県議への鞍替えを図ることへの理解が得られるのでしょうか?

なにかシックリきません。

Share Button

コメントご記入欄