後期高齢者医療の保険料(均等割)が2倍、3倍に

TOP 

きょう(20日)の米子市議会予算決算委員会、いくつかの予算案に反対する討論に立ちました。

気の弱い私なんぞ、出来れば反対討論なんてしたくない❗️ でも、後期高齢者医療の保険料均等割の軽減特例が見直しされ、段階的に保険料が引き上げられて3年後には現行の2倍、3倍になるって言うんですから、反対の論を述べざるをえません‼️

保険料の均等割額が特例で現行9割軽減となっている(対象者4463人)のを、2019年度は8割軽減に、20年度からは7割軽減にすることで、保険料(年額)現行が4200円のところが20年度からは1万2700円と3倍強に。

現行8.5割軽減の場合(対象者4933人)、21年度から7割軽減になり、保険料が6300円から1万2700円へ2倍強と膨らみます。

後期高齢者医療では、医療費の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げようという動きもあり、まさに現代の「姥捨て山」となっています。

こんな後期高齢者医療制度、いったん廃止して元の老人保険制度に戻すべきです!

Share Button

コメントご記入欄