「令和」一色の記事の中で…

TOP 

おはようございます。5月1日、「しんぶん赤旗」を除いて一般紙の紙面は「令和」一色。メーデーのメの字もありません。

そんな中で朝日の鳥取版に「令和に生きる 平成をたずねて」という連載が始まり、選挙編の第1回として元知事の片山善博・現早稲田大学教授のインタビュー記事を載せています。

知事として3期を目指さなかったことについて、多選の弊害の一つとして「組織が一色になる。トップが代わらないと同じ基準で人事評価する、トップに好まれる人が出世し、そうでない人が腐る」と。

この4月に4選を果たした現職知事、こうした記事をどう読んだんだろう。

Share Button

コメントご記入欄