80人もの子どもが無保険とは…

TOP 

 全国的に問題となって、その解消に向けての流れが大きくなっている子どもの無保険。米子市では48世帯で、1市だけで県内の71.6%を占めるという不名誉ぶりとなっている。

 国民健康保険料を1年以上滞納すると、保険証が取り上げられ、医療機関窓口でいったんは全額医療費を払わなくてはならない資格証明書を押しつけられる。その世帯が米子市は今年9月10日現在で756世帯(県内全体の51.9%)。そのうち、中学生以下の子どもがいる家庭が48世帯で、乳幼児が15人、小学生が40人、中学生が25人が無保険となっている。

 今日(26日)におこなわれた国民大運動西部実行委員会の自治体キャラバンで、米子市の担当者がその解消に向け“遅まきながら”対処していると報告。この問題では、2日から開かれる12月定例市議会で松本松子議員が一般質問で取り上げることにしている。

Share Button

コメントご記入欄