中林カーの代理弁士を務めました

TOP 

きょう(13日)夕方は、参院選鳥取島根選挙区に無所属で立候補している野党統一の中林よし子候補者カーの代理弁士を務めました。

中林さんが、市民と野党との間で交わした15項目の政策協定の中から、年金、消費税、原発問題で政策実現のためにもぜひとも国会に押し上げてと訴えました

また、4期9年間の衆院議員時代に、国営の中海干拓淡水化事業を無駄な公共事業として住民と力を合わせてストップさせたこと、狂牛病(BSE)対策など農家に喜ばれる実績を上げてきたことを紹介。

今度は参議院議員として、消費税増税ストップさせる力を発揮させてほしい、と呼びかけました。

Share Button

コメントご記入欄