子連れでも気軽に議会傍聴できます

TOP 

きょう(21日)午前、米子市議会議会運営委員会が開かれ、親子傍聴席の設置について、12月議会の補正予算で実現する方向性が示されました。

この親子傍聴席は、今年6月議会で育児中のお母さん方から提出された「子連れで傍聴しやすい環境の整備を求める陳情」が全会一致で採択されたのに伴い、その具体策を議運で検討してきたもの。

具体的には、議場の横手上方にある録画機器などの旧モニター室を活用し、マットを敷いたりカーテンで仕切った授乳スペースを確保するなどの改修をします。予算的には20万円を見込んでいます。

12月議会で補正予算を計上し、早ければ来年3月議会からでも親子傍聴席が利用できるようになります。

子育て中の若いお母さんにも気軽に議会傍聴してもらいたいですね。

Share Button

コメントご記入欄