産廃処分場に市有地の提供、拙速な判断するな!

TOP 

米子市議会全員協議会がきょう(27日)午後開かれ、鳥取県環境管理事業センターが米子市淀江町に計画を進めている産業廃棄物最終処分場をめぐって、予定地の半分を占める市有地の提供をセンターが市に求めている問題で、市の判断・回答案について議論が交わされました。

私は、8月8日の全協でこの問題が明らかになって1カ月もたたないうちの回答は拙速すぎる、その背景にセンターが今月中の回答を求め、県はその回答を前提に9月補正予算に関連経費を予算計上しようとしていることがあるのではないかと、市長の見解をただしました。

市長は、この間の自治会などからの聞き取りを踏まえて判断したものとの回答。

私は、①市の聞き取りでも2つの自治会は態度を明確にしておらず、引き続き自治会としての意見を集約するとのことだから、それを待って市として判断すべき、②淀江地区婦人会から「土地提供の判断を性急にしない」ことを求める陳情が出されており、その議会での陳情審議を見てから回答すべきーと、拙速な回答をやめるよう求めました。

Share Button

コメントご記入欄