ふれあいの里の風呂 10月末まで休止

TOP 

きょう(21日)付の地元・山陰中央新報の記事です。米子市錦町1丁目の市福祉保健総合センター・ふれあいの里4階にある入浴施設が、来月(10月)末まで利用休止になっている、と。

定期水質検査で、男子浴場から基準値の7倍のレジオネラ菌が検出され、今月7日から利用休止となっていました。

今月17日に私が市民から通報を受け、翌日担当部署に問い合わせした段階では、近日中にも再開される見通しだということでしたが、再検査でも2倍の値が出たため、休止期間を延長することを昨日(20日)決めたものです。

キチンとした衛生管理をして、早く再開されることを望みます。

Share Button

コメントご記入欄