航空自衛隊美保基地の配備計画

TOP 

きょう(27日)午後、米子市議会基地問題等調査特別委員会が開かれ、航空自衛隊美保基地の配備計画について市当局からの説明がありました。

空中給油・輸送機KC-46Aが6機配備される計画ですが、初号機は令和2年度(令和3年3月)に、2号機は翌年度に配備され、さらに5年度、6年度にそれぞれ2機ずつが配備される計画となっています。

また、これまで美保基地にあったT-400練習機(教育飛行隊)は静岡県浜松基地に移転する計画ですが、当初2年度の移動予定が3年度にずれ込むこととなったと報告されました。移転先の施設整備の遅れが原因ということです。

このことから、3年度に教育飛行隊が移動するまでの間、KC-46AとT-400とが同基地に“共存”する格好となり、運行業務が錯綜することによる安全面や、周辺環境への騒音被害などの増大が心配されます。

Share Button

コメントご記入欄