新幹線より在来線の複線・電化を!

TOP 

伯備新幹線(中国横断新幹線)の早期実現へ気勢を上げた―きう(21日)付の地元紙・日本海新聞の記事です。

中国横断新幹線は、山陰新幹線とともに新幹線基本計画路線の一つとして国は位置づけています。計画区間は岡山ー松江間で、それを次期整備計画に“格上げ”することを、鳥取・島根両県の関係団体で構成する同新幹線推進会議は要望するとしています。

しかし考えてもみてください、同会議で提案している岡山ー出雲市間で整備した場合、建設費が1兆1100億〜1兆2700億円と見込まれている、とあります。当然に地元負担も求められるでしょう。

仮に岡山と米子・松江・出雲が1時間以内で結ばれるとしても、山陰両県で120万人の人口、これといった大企業があるわけでなく、投資に見合った効果が得られるとは考えられません。

ましてや、新幹線ができたとすれば、在来の伯備線からJRは撤退し、第三セクター方式の運営に切り替えられるであろうことは、全国の先例地が示しています。こうしたことで住民の生活路線が永続的に確保できるでしょうか?

いつできるか分からない、そして出来たとしても負担ばかりで効果の薄い新幹線計画に固執するより、山陰線、伯備線などの在来線の電化や複線化を図って、住民の利便性を高める事を求めるほうが、今大事なのではないでしょうか。

Share Button

コメントご記入欄