米子市役所に非常用電源設備

TOP 

米子市役所庁舎2階の屋上に非常用電源設備の設置工事が進んでいます。大規模災害で電力供給が途絶えた場合に備え、災害対策本部機能など初動に必要な最低限の電力の確保を図るものです。

浸水に備えて庁舎2階の屋上にディーゼル発電装置を設置。オイルタンクは地下駐車場内に設置しますが、タンク内にポンプが内蔵されているため水没しても安定した燃料供給が可能だといいます。

運転時間は最大72時間以上です。

米子市では1億1746万円かけ、来年(2020年)2月末の完成を見込んでいます。

Share Button

コメントご記入欄