一廃処分場を党議員団で見学

TOP 

きょう(20日)午前、日本共産党米子市議団の石橋佳枝、岡村英治、又野史朗の3市議と市谷知子県議、錦織陽子元県議の計5人で米子市淀江町に計画されている産廃処分場予定地に隣接して稼働している一般廃棄物最終処分場を見学してきました。

見学には、処分場を管理する鳥取県西部広域行政管理組合から運営を委託されている(株)環境プラント工業の河本社長自らが顧問弁護士同伴で出席。施設の概要や水処理施設などについて丁寧な説明を受け、こちらからの質疑にも応じていただきました。

この環境プラントが、産廃処分場の管理委託も受けることになっているものです。

また、あと10年と言われている埋め立て容量の現場と、浸出水をRO膜逆浸透法により高度処理している施設を見て回りました。

写真は埋立地と、隣接する産廃処分場予定地(管理棟と竹やぶがある)

Share Button

コメントご記入欄