国保問題の現状とたたかいの焦点

TOP 

きょう(25日)は鳥取県中部の倉吉市で日本共産党の全県地方議員会議があり、午前中は「国保問題の現状とたたかいの焦点」をテーマに党経済社会保障政策委員会副責任者の谷本諭さんに講演に耳を傾けました。

谷本さんは、県内や全国主要都市の国保料の現状と、協会けんぽ加入だった場合の保険料本人負担、均等割・平等割をなくした場合の本人負担を表にして提示。国保問題の背景に高齢化・貧困化・重症化があると指摘します。

その上で全国知事会も提言した「公費1兆円の投入」で協会けんぽ並みの保険料負担率に引き下げることを提案したことを紹介しました。

また、保険料滞納世帯に対する短期保険証・資格証の発行についての厚労省の通達や、短期証の発行を取りやめた横浜市の事例をあげて、全国的な意義を強調しました。

Share Button

コメントご記入欄