「桜を見る会」の実態解明求める陳情

TOP 

「桜を見る会」の実態解明を求める意見書を国にあげてという陳情が、きょう(13日)午後の米子市議会総務政策委員会で審議され、3–5の賛成少数で不採択となりました。

私は賛同議員として①「見る会」を私物化し後援会員を買収していたのではないかという疑惑、②反社会勢力や悪徳マルチ会社「ジャパンライフ」の会長を招待、③高級ホテルで格安の料金で開催した安倍後援会の前夜祭をめぐる疑惑、④国会における虚偽答弁、招待者名簿のシュレッダーでの廃棄―など、数々の疑惑が明らかとなっている。

世論調査でも国民の圧倒的多数が、首相の説明は「納得できない」としており、真相の究明と国民への説明責任を果たすべき―と陳情の賛同理由を述べました。

臨時国会で予算委員会を開かず幕引きを図ろうとしたことは許されません。これを放置すれば日本の社会は壊れてしまいます。国政に対する信頼を回復するためにも、国会での徹底的な審議が求められます。

Share Button

コメントご記入欄