「就学前教育の義務化」検討をの提言

TOP 

↓さきほどの「無園児」のことを取り上げた書き込みで、市議会での一般質問でわたしは、就学前教育の義務化の検討を主張したことをご紹介しました。

じつは、2014(平成26)年7月に内閣府に設置されている教育再生実行会議は、「今後の学制等の在り方について(第五次提言)」をまとめていますが、冒頭部分で「(1)全ての子供に質の高い幼児教育を保障するため、無償教育、義務教育の期間を見直す。」としています。

そのうえで、「少子化対策の観点からも、財源を確保しつつ幼児教育の無償化を段階的に進めるとともに、将来的な義務教育化も視野に入れ、質の高い幼児教育を保障することが必要」としています。

そして具体的には、「幼稚園、保育所及び認定こども園における5歳児の就学前教育について、設置主体等の多様性も踏まえ、より柔軟な新たな枠組みによる義務教育化を検討する」と。

そうした検討が急がれます。

Share Button

コメントご記入欄