相談窓口でのお勤めご苦労様

TOP 

 29日午前、市役所第二庁舎(旧研修センター)に設けられている「緊急生活相談窓口」を訪問し、窓口に待機していた職員の方に状況をうかがった。

 シャープ米子など、今年後半に入って顕在化してきた金融経済危機による大企業の「派遣切り」などで職を失った住民の暮らしを守り、雇用を確保しようと相談窓口を市が設置したもの。
 市役所が開いている平日は、同庁舎4階にある商工課が窓口となっているが、土日、祝日、そして年末年始の休日は1階の事務室が窓口となっている。
 午前9時から午後7時まで、商工課職員を中心に年末年始も対応する体制を敷いている。
 休日の問い合わせは、窓口での対応が6件、電話での問い合わせが10件あったといい、やはり職探しや住宅の問い合わせが中心という。
 担当者は「正月休み返上で対応しているので、相談に来てほしい」と呼びかけている。電話は(代表)22-7111.

Share Button

コメントご記入欄