ヒロシマデーで街頭宣伝・署名活動

TOP 

人類史上初めて悪魔の兵器・原子爆弾が広島市民を襲って75年のきょう(6日)夕方、鳥取県西部原水協は米子駅前イオン前で核兵器廃絶に向けた宣伝と、「ヒバクシャ国際署名」の署名活動をしました。

ハンドマイクで、国連で採択された「核兵器禁止条約」批准国が40になり、発効まであと10か国となった。今朝の広島での平和記念式典で、安倍首相は「禁止条約」について一言も触れていない。被爆者の思いに寄り添わない態度は、唯一の戦争被爆国の首相と言えるのか!

条約を批准する政府をつくって、核廃絶をリードする日本にしよう、と呼びかけました。

Share Button

コメントご記入欄