待望の都市計画道路が開通

TOP 
米子市の中海側を走る内浜産業道路側から工事を進め、日本海側を走る国道431号に南北につなぐ都市計画道路・市道安倍三柳線のうち、すでに開通している外浜道路までの区間(1400m)をさらに外浜産業道路まで延伸する延長430mの第1工区が、総事業費11億7千万円をかけ完成しました。
きょう(27日)午前、開通記念式典がおこなわれ、きょう午後3時から通行できるようになりました。
JR境線をまたぐ同工区の跨線橋の完成で、周辺道路の踏切などによる交通渋滞が緩和されることが期待されています。
Share Button

コメントご記入欄