今日までそして明日から

TOP 

 今年9月に静岡県・つま恋で開かれた「吉田拓郎&かぐや姫」のコンサート。いやぁ~、拓郎さんは若いですね!

 番組のタイトルに引かれて、ついつい見入ってしまった23日、NHK午後10時からのプレミアム10。私自身の今日まで、そして明日からのことも考える機会となった。

 6万人を集めた1975年の「つま恋」が開かれたとき、私は大学“5年生”だった。マスコミ志望に胸を膨らませ、時には挫折感も味わいながらも、“世の中は自分を中心に回っている”なんても思ったりしていた。それはそれでよかったのではないか。

 社会人になって、やりたいこともやれずに我慢している自分を見つけ、「生きていく上では仕方ないさ」とずっと思っていた、議員になってからも。しかし、それは本当の生き方ではないんじゃないか、最近、思いをめぐらせながらそう考えるようになった。

 そして、今日の番組を見ていて、自分のやりたいように生きていく、それが人生だと確信した。拓郎さんだって3年前、肺がんの手術を受け、歌手生活をあきらめかけたこともあったと、けどそれを乗り越えたところに番組で見た若々しい拓郎さんがあるんじゃないか。

 そのためには、彼自身の人知れない努力の積み重ねがあったのであろう。私にも、そうしたことをちょっとばかり自身に課してやろうか、これからの人生、そんな感想を持ったのです。

Share Button

2 通のコメント “今日までそして明日から”

  1. Comment by 久代安敏:

    髪を肩まで伸ばして歌っていましたよ、拓郎の歌。高校時代に。なつかしいけど帰りたいとは思わない。ほとんど今も同じように人生を模索しながら生きている自分があるから。

  2. Comment by 岡村英治:

    久代さんならではのコメント、ありがとうございます。あのころは肩まで髪を伸ばす、それが自由の表現の一つだと考えてたような気がします。

コメントご記入欄