米子の戦争展に被爆ピアノがやってくる

TOP 
例年、真夏に開催している「平和のための戦争展」。昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされましたが、今年は8月7日(土)に米子市文化ホールで開催します。
きょう(27日)午前は、その第1回実行委員会が開かれ、核兵器禁止条約の発効という年にふさわしく、スペシャル企画として「被爆ピアノ」の展示・演奏・合唱が行われることになりました。
広島から、被爆したピアノが米子にやってきます。その演奏者の募集を始めます。平和への思いを込めて演奏したい方、ぜひとも応募してください。一人につき7分程度の演奏時間となります(^O^)
またサブ企画として、8月6日(金)から17日(火)の日程で、米子市立図書館市民ギャラリーで「長崎市原爆展と被爆者体験者の交流会」が催されます。実行委員会と長崎市の主催。こちらの会場にも、ぜひ足をお運びください。
Share Button

コメントご記入欄