「平和のための戦争展」の開催中止

TOP 
残念です。8月7日、米子市文化ホールを会場に開催に向けて準備を進めてきた「2021年平和のための戦争展 in 米子」(同実行委員会主催)ですが、米子市を中心とした鳥取県西部地区で新型コロナ感染が急激に拡大するなか、開催断念に至りました。
核兵器禁止条約が発効した今年、広島で被爆し再生され、全国各地を巡回している「被爆ピアノ」の展示・演奏をメイン企画とした今回は、1997年から続き昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされた経験をもとに、感染対策もしっかりとって開催をと張り切って取り組んできたものです。
それだけに県西部での集中的な感染拡大、「特別警報」が発令され、多くの人が集まるイベントの中止の要請が出され、実行委員会として開催中止の決断を下さざるを得ないのは断腸の思いです。
残念の極みですが、「被爆ピアノ」はぜひ来年やろうねと、ピアノ所有者とも合意を得ています。ぜひ、来年こそコロナ禍を克服して、「戦争展」を晴れて開催したいものです。
Share Button

コメントご記入欄