西部広域で「ごみ処理計画」の構想

TOP 
昨日(26日)午後、米子市議会全員協議会が開かれ、米子市など鳥取県西部9市町村で構成する県西部広域行政管理組合(管理者・伊木隆司米子市長)が計画している「一般廃棄物処理施設整備基本構想」について、組合担当者から説明を聴きました。
同構想は、令和13(2031)年度で米子市の焼却施設や最終処分場が使えなくなることから、9市町村で可燃ゴミ焼却施設や不燃物処理施設、最終処分場を建設しようとするものです。
日本共産党市議団などが構想の問題点などをただしましたが、プラスチックごみを分別せず燃やし、余熱利用でリサイクルするなど国の流れにも背を向ける中身になっています。
また、建設場所を検討する候補地選定委員会が設置されましたが、候補地を絞り込む段階では「住民に混乱を招く」として、会議を非公開とする方向で検討していることも明らかとなりました。住民参加が原則のはずです。公開を求めていこうではありませんか。
Share Button

コメントご記入欄