市議補選をどうたたかうか

TOP 

 19日夜、今月2回目の共産党米子市委員会を開き、4月におこなわれる市議会議員補欠選挙で石橋佳枝さんを当選させ、党の3議席回復をはかるため党としてどうたたかっていくのか、その核となる方針書づくりをおこなった。

 方針書は、それを党の支部で論議し、情勢や選挙の対決点、党が議席を増やす意義、そしてたたかい方がすべての同志の心に響くものにしなければならない。そうすることで、「今度の選挙はどうしても勝つぞ!」との取り組みにしていくことができる。
 今日の論議で方針は決まった。さぁこれからは、政策論戦、宣伝戦、組織戦と総力を挙げた具体的な取り組みを軌道に乗せなければ―。市議補選の投票日まで、あと3ヵ月。

Share Button

コメントご記入欄