「マイナポイント」で市役所に特設ブース

TOP 
みなさんの自治体で、マイナンバーカードの普及促進のため国が実施している「マイナポイント事業」で、市役所内に特設ブースを設置して便宜を図ってる―というケースはあるんでしょうか?
米子市では令和2年9月から全額国の「マイナポイント事業費補助金」を使って会計年度任用職員を雇用し、特設ブースでカード取得者に対する「マイナポイント」の手続き支援や相談対応をしてきています。
2年度の決算額は485万円余、3年度当初予算で840万円付けていたものを、ポイント事業が9月末までだったものが12月まで延長されたことにより、さらに9月議会で197万円余の追加補正をするものです。
国民生活にとって必要性が乏しく、不人気なマインバーカードを無理矢理に普及させようと、政府はあの手この手を使っていますが、キャッシュレス決済でプレミアムポイントが付与されるこの「マイナポイント事業」もその一つ。
米子市でのマイナンバーカードの交付率は、今年8月末時点で約35%となっています。
Share Button

コメントご記入欄