市議団が予算要望

TOP 

市長に要望書を手渡す私(右端) 日本共産党米子市議団(岡村英治団長、3人)は1日、50項目の予算要望をしました。

 

 4月実施の市長・市議補選のため、今年3月議会での2009年度当初予算は“骨格”でした。“肉付け”となる6月補正を前に、再選された野坂康夫市長に要望書を提出しました。

 要望項目は、市議補選で共産党候補の石橋佳枝議員が公約で掲げた▽中学校給食の早期実施▽働く人たちの雇用確保▽特別養護老人ホームの増設▽同和進学奨励金の廃止―など。市民の切実な要求を取り上げたものです。

 市当局は、6月中旬開会予定の定例議会までには回答したい、としています。

Share Button

コメントご記入欄