北朝鮮の核実験に抗議する

TOP 

 25日、北朝鮮は2回目の地下核実験を強行した。唯一の被爆国である日本国民はもとより、世界の平和を願う人たちの思いを踏みにじる暴挙で、絶対に許されない。

 いま世界では、来年5月に開かれる核不拡散条約再検討会議に向け、核兵器廃絶への大きな世論の盛り上がりがある。その中で、これまで背を向けてきたアメリカがオバマ大統領になって「核兵器のない世界」に言及、日本共産党の志位和夫委員長が同大統領に書簡を送り、その返書が届けられるという「核廃絶」にむけた“響きあい”が生まれている。

 また、ノーベル平和賞受賞者たちによる核廃絶の行動の呼びかけが出されるなど、「人類の未来と共存しない悪魔の兵器」=核兵器を地球上からなくしていこうという動きが世界の流れとなっている。

 その流れに真っ向から挑戦しようというのが北朝鮮の態度だ。まっとうな立場に立たせる国際世論と運動が求められる。

Share Button

コメントご記入欄