決算審査で現地視察

TOP 

学校給食センターにて 19日、市議会決算審査特別委員会の現地視察がおこなわれ、他の委員とともに市のマイクロバスに乗って、市内各所を回ってきました。

 この現地視察は、決算審査の審議を前に、平成20年度中に新規に予算執行した事業について、現場に出かけて実際に目で確かめておこうとおこなわれた。午前9時半に市役所を出発し、JRA(中央競馬会)の補助金などで整備された市道を皮切りに、皆生漁港の防波堤、白浜市営住宅、埋蔵文化財センター、そして学校給食センターの調理業務の民営化現場を見てまわりました。

 その場所場所で担当者から事業概要の説明を受け、簡単な質疑応答も。夕方4時前に市役所に帰着するとさすがにぐったり。ただいま午後6時前ですが、これから西部原水協の理事会があって、年末から来春にむけての取り組みを協議。遅くなってから、決算審査の質問項目の取りまとめ作業をしようと、今からがかなりしんどいなとため息をつきながら、この書き込みをしています。

 では、あすから会派による行政視察のため、千葉県のほうに出かけてきます。次回は帰還報告となりそうです。

Share Button

コメントご記入欄