米子-名古屋便廃止か?

TOP 

 24日付の日本海、山陰中央両紙が全日空(正確には、同社の100%子会社)が運航している米子-名古屋便について、大幅な採算割れをきたしていることから、運休・廃止の方針を鳥取県に伝えてきている、と報じている。

 同路線は搭乗率の低迷などから、昨年4月に一日2往復から1往復に減便。それでも同4月から今年2月までの搭乗率が41.6%と、安定運航の目安とされる60-70%を大きく下回った。米子市や境港市、官民でつくる米子空港利用促進懇話会が全日空本社に出向き、方針の撤回を求める要望書を提出した、と。

 山陰と中京圏を結ぶ唯一の定期便の存続を望む声があるのかもしれない。しかし、またもや運航支援などといって存続のために税金を投入したりなんぞしないでしょうね。どっかの知事さんはそういうのがお好きなようですから気になります。

Share Button

コメントご記入欄