「中国人船長釈放」きちんとした説明を

TOP 

 25日の新聞で、「赤旗」を含め1面トップで「尖閣沖衝突 中国人船長を釈放 那覇地検「今後の日中関係を考慮」との記事が大きく取り上げられている。

 検察の政治的配慮、ということになっているらしいが、不当な圧力に屈したことにならないか、日中関係、とりわけ日本固有の領土である尖閣諸島をめぐる領有権の問題はどうなるのか、まだまだ問題は尾を引きそうだ。

 検察は、逮捕した船長を「処分保留」のままなぜ釈放したのか、国民にきちんとした説明をなすべきだ。そして、政府は尖閣諸島の領有権について、歴史的にも国際法的にも明確な根拠があることを中国政府や国際社会に明らかにする積極的な活動が求められる、このように「赤旗」は報道している。

Share Button

コメントご記入欄