撮り損ねた大山の初冠雪

TOP 

 昨日のブログに書きましたとおり、一段と冷え込んだ27日早朝、大山(標高1709メートル)にはうっすらと雪が。「赤旗」の配達中に確認でき、自宅に帰ってカメラを取り出し…。間に合いませんでした。

 赤旗配達途中、どんよりと厚い雲の切れ間から、大山の中腹あたりが白くなっているのが目視できた。「こりゃあ、早く帰って撮らなくっちゃあ!」と自転車のペダルをこぐのも力がこもる。

 が、非情なるかな、雲が山腹全体を覆ってしまい、帰宅してカメラを取り出した頃には初冠雪を拝むことはできない! すぐさま、車を飛ばして大山の麓まで駆けつけるには、きょうのスケジュールを考えればリスクがありすぎる。

 でもって、撮影を断念したところ、お昼のテレビニュース、朝日新聞の夕刊に「大山初冠雪」が大きく扱われているではないか。残念至極、とはこのことなり。

Share Button

コメントご記入欄