公会堂問題で市民アンケート

TOP 

 米子市の野坂市長は、多くの関係者から存続の要望が出されている米子市公会堂について、市民アンケートを実施することにし、すでに無作為で抽出した3000人にアンケート用紙を発送しました。

 大規模な耐震補強が必要との診断が出されている公会堂。その存続と早期改修を求めて、4万4千を超える署名を集め市議会に陳情が提出されています。その判断を市長は先延ばしにしていますが、世論に押される形で12月議会前までに存廃を含めた総合的な判断をする、と市長は言明しています。

 その判断材料のひとつとして、この市民アンケートは位置づけられています。11月5日(金)が提出の締め切りとされており、その結果は当然公表されることになっています。私たちもこの回答結果がどうなるか、注目しています。

>> 米子市公会堂に関する市民アンケート PDF298KB

Share Button

コメントご記入欄