慌しい年末、ゆとりを持って

TOP 

 ことしもきょう、明日の2日間となりました。30日の米子の朝は冷たい雨、みぞれといったところ。赤旗日刊紙の配達と、2日付の日曜版も明日から荒れ模様という天気予報もあって、今朝のうちに済ませておきました。そして―

 昨晩になって、住吉地区の日曜版を15部ほど配っていただいているMさんが怪我をして入院、かわりに配って!という連絡が。あわてて赤旗出張所にMさんの配達先名簿を打ち出してもらい、ゼンリンの地図で家を確認。けさ、わたしの分とあわせ2ラウンドで配達を終えました。

 でも、何かと気ぜわしい年の瀬、怪我や事故などに遭わないよう、ゆとりを持って過ごしたいものです。

Share Button

コメントご記入欄