原発の安全対策で申し入れ

TOP 

申し入れをする錦織県議(左) 15日、日本共産党西部地区委員会(福住英行委員長)と錦織陽子県議が中国電力に対し、島根原発の安全対策について申し入れをしました。同社米子営業所でおこなった申し入れには、福住委員長、錦織県議のほか石橋佳枝市議と私も参加しました。

申し入れは、福島原発で重大事故が続発し多数の周辺住民が厳しい避難生活を余儀なくされているなかで、米子市の一部が島根原発から20キロ圏内に入るという“至近距離”にあり、市民の不安が高まっていることからおこなったものです。

申し入れ内容は、米子市などと安全協定を結ぶこと、原発の運転を中止し安全性について抜本的に見直すこと、プルサーマル計画は中止すること―です。

副所長が対応し、「申し入れについては至急本社に伝える」とこたえました。

またこの日は、米子市も中電に対して申し入れをしています。

中国電力あて申し入れ文書

Share Button

コメントご記入欄